HOME > 活動ブログ

2018.11.15 【歳時記】風のたより〜薄紅葉〜

風・・・感じていますか
足元に咲いている花に気がつきましたか
流れる時の中、ちょっと立ち止ってみませんか

 

 

 

       

 

                  

初冬の淡き照り葉のやはく染む 涼

 


立冬から、まだ七日。
箕面のもみじは、すこしずつ恥ずかしげに色づきはじめました。
あと十日も経てば、ちょうど見ごろかもしれません。

 

 

 

 

 

             

          冬紅葉冬のひかりをあつめけり 久保田万太郎

 


薄く色づくもみじの葉。
だからこその、薄もみじ。
淡きもみじの色に陽の光がうっすらと射し込んでいます。
青き色、黄色、薄紅色。
それぞれの色が水彩絵の具のように重なっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

 

 

            柿落葉地に任せて美しき 瀧井孝作

 

 

柿の葉は、すでに散りはじめています。
ひとつの葉っぱのなかに、赤あり、橙色あり、

黄色あり、実にあざやかな落ち葉です。
捨ててしまうのが惜しいくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

       秋山にもみつ木の葉のうつりなばさらにや秋を見まく欲りせむ 山部王

 

 

これから色づき、そして散ってゆく黄葉。

より濃く色づき、美しく陽に映えて、やがて散ってしまったとき、そうですね、その時に
きっと、もっと黄葉を見たいと、人は惜しむのでしょう。

 

 

 

 

 

 

         雲隠り雁鳴くときは秋山の黄葉片待つ時は過ぐれど 柿本人麻呂

 


雲の向こうに雁が鳴きはじめると、山も、そろそろ黄葉のとき。
ただただ、その黄葉が待たれます。
黄葉は、木の葉によっては色づく時がちがいます。
冬のはじめの、その時々の移ろいのなかに、それぞれの黄葉があります。
お見逃しなく。

 

 

 

 

 

色づきはじめた山肌。
薄もみじの滝道。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。

 

                                     文・写真 渓川 清

 

♠♠♠渓川 清の「箕面の山の気まぐれ散歩」のごあんない♠♠♠

 

    「笑門来福 初春・伝説の里山を歩く」

     箕面の山の福の神と龍伝説を巡ります

 

・日     時:2019年1月6日(日曜日)

・集     合:阪急箕面駅前 朝9時 解散:正午ごろ

・参 加 費:300円 高校生以下無料 ※保険・資料付き

・締め切り:2019年1月4日

・お申込みはこちらからお願いします⇒ココ

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734