HOME > 活動ブログ

2020.06.01.「東海自然歩道コース」実施報告。

あたらしい風にしらへる若葉かな(白尼

新型コロナウィルスの新たな感染の広が

りが漸く、落ち着き、全国の「緊急事態

宣言」も解除されました。気づけば、い

つの間にか春が終わり、初夏が来ていま

した。約2ヶ月に渡る外出自粛に気分も

滅入っていましたが、少し、明るい兆し

も見え始め、仰ぐ山々の若葉が目に沁み

ます。さあ、森若葉の世界に身を投じ、

暗鬱な気分を払拭しましょう!!

 

♫ 爽やかな みどりよ

  豊かな  みどりよ

  田畑をうずめ

  野山をおおい

  そよぐ そよぐ

  若葉が そよぐ ♫

     松永みやお「わかば」

 

本日は約2ヶ月振りに山の<みどり>に染

まりたく、総勢15名で<東海自然歩道>に

向いました。

 


古道・中ノ坂道に咲く、薔薇の花。

 

しづかなる森に向ひて丘めぐり

    きざはしのごと花薔薇咲く

             (晶子)

 


箕面駅前にて。AM9:00。

本日参加戴いた15名の皆さんです。

長い外出自粛から解放され、再会を

喜び分かち合いました。

 

六月の一日二日新しき (睫鄙能宗

 

*「箕面の山パトロール隊」はすべて

の活動を6月1日より再開を致しました!!

 


法林寺の石垣に咲く、朝顔。

今年も季節を忘れず咲きました。

 

指触れて冷たき朝顔の素朴さに

       心しづめて勤め出づる

         (黒田衣子)

 


聖天展望台付近の広場にて。

準備体操。AM9:20。

 

♫ 新しい朝が来た 希望の朝だ

  喜びに胸を開け 大空あおぐ

  ラジオの声に 健やかな胸を

  この香る風に 開けよ

  それ一 二 三 ♫

     藤浦 洸「ラジオ体操の歌」 

 


広場付近に咲き残る、躑躅。

 

山躑躅そこを明るく道ありぬ

       (稲畑汀子) 

 


聖天展望台より仰いだ初夏の六甲山。

 

六甲の若葉を見たく染まりたく

       (宮地玲子)

 


<風の杜>東斜面に不法投棄物!

早速、回収を始めるK隊員。

 


引き上げを手伝うH隊員。

スタート時点で、この不法投棄。

本日はいたる所で、不法投棄が予想され、

全員、気を引き締めました。

 


府道43号線に咲く、卯の花。

 

♫ 卯の花の 匂う垣根に

  時鳥 早も来鳴きて

  忍び音もらす 夏は来ぬ ♫

       佐々木信綱「夏は来ぬ」

 


才ヶ原林道を歩む。

 

六月の樹々の光に歩むかな

     (石井露月

 


才ヶ原林道の、桜の実。

 

桜の実熟れ回想の恋ならず

     (佐藤鬼房)

 


才ヶ原林道にて。

空き缶、ペットボトル類が散乱。

回収する隊員達。

 


才ヶ原林道に咲く、ヤマボウシの花。

 

四照花の一木覆ひて白き花

    満ちしとき母逝き給ふ

      (皇后美智子さま)

 


才ヶ原池付近を歩む。

 

春惜しみ出会いし人と山談義

     (岡村昭則)

 


才ヶ原池の、栴檀の花。

 

花樗まばたきまばたき花殖す

     (能村登四郎)

 


谷山谷へ

 

狂おしくたぬしきことはまた無けん

   青葉くらぐらと昼を揺れつつ

          (高安国世)  

 


散り落ちた、エゴの木の花。

散るさまに一種の迫力があると言う。

I隊員の一句。

 

エゴの花路面で吾を迎え待ち (篤老)

 


茶長阪川へ。

 

万緑や風吹く四囲の大気吸ふ

      (加藤美津子)

 


茶長阪川に咲く、忍冬の花。

 

かなしみのうするる時にすひかづら

      風より淡き匂ひ送り来

        (戸川早苗)

 


自然研究路5号線入り口付近にて、

大量の不法投棄物!!

 


急斜面につき、安全ロープを腰に巻き、

回収作業に取り掛かるK隊員。

 


まず、大型物であるテーブルを引き上げます。

かなりの重量に苦心惨憺。

 


次に収納棚の回収です。

もう、汗が滲み出てきました。

 


次は空き缶、ペット・ボトルなど小物です。

一寸先はいっそう、急峻な斜面で落差ある

川底です。緊張感が走ります。

 


引き上げ、回収物を整理する参加者。

平均年齢約84歳。

漲る熟年パワーを発揮して戴きました。

人生の晩年はかくありたいものですね!

 


さらに川底の回収作業です。

鉄板等の重量級が散乱。

めげず、いっそうの奮闘開始。

 


全員で、回収ローラ作戦のフル展開。

 


女性参加者も参戦。

丁寧に丁寧に、根刮ぎの回収でした。

その手際の良さはお見事!!

 


本日の回収物の一部です。

回収総重量は

    98.5kg

でした。皆さん、お疲れさまでした!

これでまた、私達人間を養ってくれて

いる<自然>に恩返しが出来ました。

 

いつまでも

美しくあって欲しい

私たちの箕面の山!!

    (箕面の山パトロール隊)

 


回収作業を終えて仰いで見れば、

エゴの木の花が。

瞬時、心が和みました。

 

そよぎてはそよぎやみてはえごこぼれ

          (亀井糸游)

今、美しい五月が通り過ぎて行きました。

 

クリーンハイキングに約2ヶ月のブラン

クを持ちましたが、みなさん、お元気で、

従来の笑顔のままで復帰戴き、<自然>

に恩返しも出来るなど、楽しい初夏のひ

と日となりました。お疲れさまでした。

さて、ある広報誌(編集後記)に「歳を

重ねるほどに、時の流れを速く感じるの

は<ときめき>が少なくなるからで、若

人も熟年者も、常に好奇心や日々の発見

を心掛けて暮らしませんか」と言う滋味

溢れるコメントが記載されていました。

アフター・コロナではこの<ときめき>こ

そ、生き方のkey wordかもしれません。

留意したいものです。

山や野で<ときめき>を!

それではみなさん、また七月にお逢い

しましょう。

ご機嫌よう さようなら。

コース担当者一同

(文責)森岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734