HOME > 活動ブログ

2018.07.03 山の辺の道Bコース

 ワールドカップサッカー日本対ベルギー戦を観た後の、眠気の残った頭で駅前に着いた。サッカーはあと一歩というところで残念な結果になったが、何か肩の荷が下りた感じだ。後は世界のサッカーの最高の戦いを純粋に楽しめる。

 

 サッカーの人気と規模には及ばないが、世界的なスポーツイベントであるラグビーワールドカップが来年日本で開催される。以前は日本のラグビーはラグビー強国と言われるニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンといった南半球の国や、イングランド、スコットランド、アイルランド、フランスといったいわゆるシックスネーションといった北半球の国にとても太刀打ちできなかったが、地道な強化が実を結びつつあり、強豪を倒すのも夢ではなくなってきた。今から開催が待ち遠しい。

 

 さて今日は台風7号が九州に近づきつつある中、まさに梅雨の合間をぬってクリーンハイキングを実施した。

 

 今日は一般参加者が10名、隊員が4名の14名が箕面駅前に集まった。Bコースということで箕面駅前から白島荘横まで歩く。

 

 駅前のドーム状屋根の柱に7月ということで七夕の飾りが付けてある。箕面北小学校の文字が見える。

 駅前広場の一角で準備体操をして出発。

 

 

 駅前の七夕の飾り

 

 

 準備体操

 

 駅前の商店街の途中から右に折れ、住宅に沿った狭い坂を上ると西江寺への道に出る。西江寺の境内を抜け、箕面2丁目の住宅地に出る。

 

 

 急な坂を上る

 

 

 西江寺の境内でI隊員の説明を聞く

 

 住宅地の中は南北東西に急な坂が走っており、ここを抜けるのは大変だ。平場のハイキングと思っていると大変だ。住宅地を出ると自動車通りになる。ここからは箕面の市街地が望まれる。箕面浄水場前の信号を渡り、如意谷住宅の方へ進む。

 

 

 車道沿いに如意谷住宅の方に進む

 

 

 今が盛りのネズミモチの花(平尾橋横)

 

 

 平尾橋下の川原ではカワラヒワが水浴びをしていた

 

 才川沿いに坂を上っていくと、才川渓谷?入口に当たる。この横に数十段の石段がありこれを上る。

 

 

 ネムノキの花(才川沿い)、少し盛りを過ぎているように感じる

 

 

 階段を上る

 

 上にベンチがあるので、水分補給の休憩

 

 如意谷住宅の中を進むと山手公園がある。この住宅に住んでおられるNさんが近くに絶好のビューポイントがあると言って案内してくれる。ここからは新御堂筋を含めた千里中央地区が手に取るように望まれる。

 

 

 千里中央のビル群

 

 如意谷住宅の桜公園沿いの小道を下ると、如意滝にでる。今は滝はないが、石に彫りこまれた如意輪観音や役行者の仏像が残っており、昔ここが滝修業の場であったことが分かる。

 

 

 ノアザミか。刈られた跡に生えてきたのか、10cmほどと背が低い

 

 

 如意滝の仏像を見学する

 

 この如意滝から東に100mほど行ったところに宝珠院がある。如意滝のあるところは、宝珠院の奥ノ院にあたる。如意滝を見学しているとき、たまたま先代のご住職の奥様がお堂の掃除に来ており、面識のあるI隊員が宝珠院の庭の見学の許可をいただいた。

 

 宝珠院の庭では鉢植えのハスや桔梗がちょうど見ごろの花を咲かせていた。

 

 

 キキョウ。自生株は絶滅危惧種に指定されている。キキョウの花は桔梗紋として使われており、2020年のNHK大河ドラマの主人公明智光秀の使っている家紋が桔梗紋である。

 

 

 ハスの花。インド原産の多年生水生植物、地下茎がレンコンである。

 

 宝珠院の見学の後は医王岩を訪ねた。医王岩は高さ25mの巨岩であるが、今回の地震でもほとんど影響なかったように見える。

 

 医王岩前で記念写真

 

 医王岩から大宮寺の森の前に戻り、あかつき園横の小道を抜けてゴールの白島荘横へ向かった。12時ちょうどに白島荘横に到着した。

 

 

 ベニバナクサギ(あかつき園前の花壇)、西アフリカ原産の観賞用の植物。中国原産と記した記事もある。

 

 あかつき園の裏手の小道を進む

 

 本日のごみ回収量は土のう袋2個分、2.8kgでした。タバコの吸殻は137本でした。

 次月度は白島荘横に集合し、皿池公園まで歩きます。        文責 H.T



2018.07.03.「東海自然歩道コース」、ショート・カットで本日、実施致します。

本日も真夏日(気温35℃以上)が予想される為、歩行距離を超短縮(約13km程度)し、

実施致します。熱中症等の懸念や身体消耗度に鑑み、9月までショート・カットで

実施致しますので、ご理解とご協力をお願い致します。

             担当:森岡

               



歳時記 〜風のたより〜 合歓の花

 <合歓>

 

雨しきり山路に合歓の花灯る    涼

 

雨の季節となりました。

山路は暗く、そして霧にけぶっています。

その雨の皐月闇の森に、ぽっぽっと、いくつもの灯りがともっています、

合歓の花が咲いているのですね。

 

どの谷も合歓のあかりや雨の中 角川源義

 

辺りが薄暗いほど鮮やかな薄紅。

梅雨の訪れとともに蕾み、そして雨の潤いの中、花を開くのです。

 

昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴さへに見よ      紀女郎

 

万葉の歌人が、合歓の花に、慕う人への想いも重ねた妖艶な姿です。

 

我妹子が形見の合歓木は花のみに咲きてけだしく実にならじかも 大伴家持

 

恋の成就はどうだったのでしょう。

想いだけが募り、実を結ばぬことのほうが多いのは、万葉の人も今を生きる人もおなじですね。

 

<合歓>

 

谷空にかざして合歓のひるのゆめ     長谷川素逝

 

化粧刷毛のような、いや、そのもののような合歓の花。

間昼であっても、ふと夢心地に落ちてしまう花。

風が吹くと枝が揺られ、いくつもの灯りも暗い森の中で揺れています。

雨が上がり、夜の帳がおりる頃、その色香に誘われて虫たちが飛んで来ると、

の花も、やがて役目を終え、一つ二つと、その灯りが消えていきます。

 

合歓いまはねむり合わすや熱の中     石田波郷

 

梅雨晴れ間、合歓の花咲く箕面の里山。

皆さまも、ぜひお出かけ下さい。

 

<雪の下>

<雪の下>

<蛍袋>



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734