HOME > 活動ブログ

2019.03.05.「東海自然歩道コース」実施報告。

三月の声のかかりし明るさよ(富安風生)

漸く、三月になりました。寒さも徐々に

和らいで、風は早春の色をなし、大地の春

の胎動も実感できるようになりました。一

方で吉丸一昌の唱歌の如く、まだ春は名の

みで風に寒さを感じる今日この頃でもあり

ます。古来、奈良・東大寺のお水取りが済

まないと春が来ない、との言い伝えがあり

ます。その神秘的な儀式も十四日に済めば

もう、本格的な、明るい春の到来です。躍

動感に溢れる<山笑う>季節はそこまで来

ています。

♬ 風が吹く 風が吹く

  北の町の 少女の頬に

  春は近いと ささやいて

  ああ いつかいつか 遠い日に

  心にえがいた 明るい夢を

  風は知っている この風だけが ♬

       萩原敏「風の町かど」

本日も山々に早春の光と風を楽しむべく、

一般参加者8名、隊員7名の総勢15名で

<箕面川ダム湖>に向かいました。

 


瀧道に咲く、クロッカス。春を告げる花。

 

クロッカス光を貯めて咲けりけり

       (草間時彦) 

 


瀧道に咲く、沈丁花。

 

そぞろにも知らぬ世界の匂ひする

      臙脂の色の沈丁花かな

         (与謝野晶子)  

 


瀧道を歩む。  

 

話し合ふ言の葉春の風に乗る 

     (川崎孝二)  

 


<梅屋敷>の、白梅。

 

並み立てる椎の梢に風見えて

    白梅のはないよよ白きかも

         (若山牧水)

 


瀧道<時雨>にて。AM9:15。

本日、参加戴いた15名の皆さんです。

 

飛んで来た

毬が、

あとから子供。

 

浮いている

凧が、

海から汽笛。

 

飛んで来た

春が

今日の空 青さ。

 

浮いている

こころ、

遠い月 白さ。

   金子みすず「早春」

 


<箕面公園昆虫館>付近の、クロガネモチ。

 

朱き実に集いし小鳥の今朝早く

     発ちたり樹々も風も静けし

        (中村テルミ)

 


瀧安寺広場にて。準備体操。AM9:20。

 

♬ 淡き光立つ 俄雨

  いとし面影の沈丁花

  溢るる涙の蕾から

  ひとつひとつ香り始める

 

  それはそれは空を越えて

  やがてやがて迎え来る

  春よ 遠き春よ

  瞼閉じればそこに

  愛をくれし君の 

  懐かしき声がする ♬

       松任谷由美「春よ、来い」  

 


瀧安寺広場の欅。

 

天心に連なる高さゆく風に

     欅は春の光をこぼす

       (遠藤一義)

 


<楓橋>を渡る。

 

早春の光を求め歩を辿る(小林圭子)

 


瀧道左岸の藪椿。

 

みずからのひかり放ちて咲きさかる

      椿の花の紅のしづもり

         (福田吉弘)

 


瀧道左岸を歩む。

 

早春の光り川面に満ちにけり(中山泰山)

 


<獅子岩>前の、落椿。

 

音もなく落ちて鮮洌をなほ保つ

      椿仰向きてひめるものなし

           (印田巨鳥)

 


早春の大滝。

 

谷ふかく凍ることなき白滝は

     岩根にひびき空にとどろく

         (吉原太郎)

 


滝壺の、ゴミ回収をされる参加者のみなさん。

本日はゴミ拾いの新兵器<スーパーハンド

況拭笋療仂譴任后

竿の長さ3mの伸縮式で、抜群の威力を発

揮しています。

でも、危険です!気をつけて!

 


続いて<山ガール>のOさんも作業開始。

「これは便利で、凄い!」と感嘆の声!

滝壺から約1kgのゴミを回収致しました。

 

 STOP!ポイ捨て!

(箕面の山パトロール隊)

 


大滝付近の、ネコノメソウ。

俳人I隊員の一句。

 

足元で吾を見上げるネコノメソウ(篤老)

 


いよいよ本日のメイン・ワークの開始です。

大阪府池田土木事務所のご協力を戴き、

箕面川・河川敷のゴミ回収ローラー作戦を断行。

ここでも、

新兵器<スーパーハンド況拭笋大活躍です。

 


まず、<山ガール>お二人が河川敷に

飛び降り、ゴミ回収を開始されました。

いつも通り、その手際の良さは見事です。

 


河川敷斜面にて。ここにもゴミ回収に

傾注いただいている<山ガール>のお二人。

 


負けてなるか、と馳せ参じる男性陣。

 


軽快に岩間を渡り歩き、

ゴミ回収するH隊員。

その敏捷さは隊随一です。

 


もう、ないかしら?

根刮ぎ、ゴミを回収された参加者のみなさんです。

 


トリはこの人、現場総指揮官のk隊員。

新鋭武器<スーパーハンド況拭笋

駆使し、川中のゴミさえ回収です。

見事なテクニックです。

お疲れさまでした!

本日のゴミ回収総重量は

      14.5kg

もありました。

ありがとうございました!

 

いつまでも

美しくあって欲しい!

私たちの箕面の山

(箕面の山パトロール隊)

 


ビジターセンターにて。

<明治の森箕面国定公園保護管理運営協議会

>の募金に応じられる参加者の皆さん。

この募金はトイレや森林の管理、

環境美化等に使用されています。

 


箕面川ダム湖へ。

 

空は晴れても、

建物には蔭があるよ。

春、早春は心なびかせ、

それがまるで薄絹ででも

ハンケチででもあるように

我等の心を引き千切り、

きれぎれにして風は散らせる

    中原中也「早春の風」

 


市道箕面五月山線沿いに咲く、オオイヌノフグリ。

 

いぬふぐり咲きまじりたる土手に来つ

        短き草は短く吹かる

          (中山礼二)

 


箕面川ダム湖畔にて。

ランチ・タイム。AM11:45。

 

春浅し英語の文字のビスケット 

      (田中藤穂)

 


ダム湖の遊歩道を歩む。

 

春が来たかと声を出す山の木々

      (岡村昭則)

 


箕面川ダムの湖面。

 

早春のまぶしきものに湖の沖 

     (有山八洲彦)

 


帰路の、春夕焼け。

 

春夕焼指の先まで染めにけり

      (熊谷みどり)

 

本日は四月上旬のような陽気で、終

始、穏やかなクリーンハイキングと

なり、山々では早春の息吹にふれ、

心豊かなひと日となりました。

お疲れさまでした。

さて、一冊の魅力的な絵本に出逢いま

した。ジャン・ジオノ著「木を植えた

」です。第一次大戦前の仏の地方の

不毛の地に孤独な男が黙々と、<どん

ぐり>を撒き続け、長い年月の末、幸

せと寛ぎを生む「森」に育て上げる物

語です。冒頭の<名誉も報酬も求めな

い、奥床しい行為は必ず、後世の人々

に恵みをほどこす。>の言葉が印象的

でした。どこか我が隊の精神と重なる

と考えるのは尊大に過ぎるでしょうか。

ともあれ、春の風物詩の<イカナゴ

>の<釘煮>が食卓に上り始めまし

た。この時期に戴く、サポーター

のFさんのそれは絶品で、待ち遠しく

てなりません。

いかなごのくぎ煮のにおいたちこめて

       神戸は既に春を迎える

         (劉 優貴子)

それでは皆さん、また、春爛漫の四月

にお逢いしましょう。

ご機嫌ようさようなら。

コース担当者一同

(文責:森岡) 

 

 



2019.03.05 山の辺の道コース

 本田正次という著名な植物学者の書いたエッセイ集に「私の植物紀行」という本がある。本田氏は東京大学教授、東京大学名誉教授を歴任し、「日本植物友の会」の会長を務められた方で、昭和天皇の植物の研究のお相手をされたこともあるそうである。

 

 この本の中に「植物学者は長命か」という文がある。 その内容は、植物学者がいかに長生きかを述べたもので、その例として理学博士第1号の伊藤圭介翁は99歳まで、牧野富太郎は94歳まで生きたことを紹介している。伊藤圭介とは幕末から明治にかけて活躍した理学博士で、植物の雌しべ、雄しべ、花粉などの言葉を作ったことで知られている。牧野富太郎は「牧野日本植物図鑑」を編纂した日本の植物学の父である。他に91歳で亡くなった北大名誉教授の宮部金吾氏を三役として挙げている。

 

 今でこそ100歳を超える長寿者は珍しくないが、当時としては90歳を超える人は中々いなかったのだろう。それではなぜ植物学者が長生きなのか。長生きというと生活態度や食事内容がすぐ頭に浮かぶが、牧野富太郎は酒やたばここそ嗜まなかったが、相当な健啖家でうなぎや牛肉が大好物だったそうである。そこで日頃の行動に理由を求め、植物学者は、植物の採取や観察で常に山野を跋扈しているから長生きになり、同じ植物学者でも室内で顕微鏡をのぞいてばかりいる人よりだいぶ分があると考察している。

 

 本田氏氏は「私も(植物学者でありその)一人であるが、はたしてだれが前記の三役に迫っていけるか、けだし見ものであろう」と結んでいる。本田氏が何歳まで生きたのか、気になったので調べてみると、1897年熊本で生まれ、1984年に亡くなっている。享年87ということで、長命かどうか微妙なところである。蛇足であるが、Wikipediaでは氏の生まれを1887年としており、97歳での没となるが転記ミスによる間違いと思われる。

 

 さて、私たちのクリーンハイキングもごみを拾いながら常に山野を跋扈しているので、多少牽強付会の感があるが、長生きにはよいことをしているなとの思いで長々と駄文を記した。

 

 

 「春に三日の晴れ間なし」のことわざがあるが、此のところコロコロと天気が変わる。今朝は昨日一昨日の曇天が嘘のように晴れ間が広がっている。本日の参加者は一般参加6名、隊員が4名。駅前で準備体操をして出発。

 

 今日のコースは箕面駅前を出発し、平尾坂を上がって西江寺境内を抜け、如意谷住宅の方面に向かいます。

 

 

 駅前の道路は昨日の雨でまだ濡れています

 

 西江寺の石垣のマメヅタ、シダ科の植物です。緑色が映えます

 

 西江寺の境内を抜けて

 

 住宅地に入ると、すぐに風情のある屋敷があります

 

 坂の急な住宅地を抜け、自動車道に沿った道を東に進むと、平尾橋にでます。橋を北の方に進むと急な階段があり、ここを上ると如意谷住宅に入ります。

 

 

 才川の川原に咲く水仙

 

 如意谷住宅地入口の階段横のシャガの花

 

 

 山手公園のアケボノアセビ            同左

 

 

 如意谷住宅のさくら広場の小道を下ります。枝垂桜の開花は3月末ごろでしょうか

 

 さくら広場の水仙をバックに記念写真

 

 さくら広場を下ると如意滝の遺跡跡にでます。ここから東に進み、大宮寺跡横を通ってあかつき園に向います。あかつき園の横の小道を抜けるとゴールの白島荘横はすぐ目の前です。

 

 如意滝遺跡跡の地蔵菩薩立像

 

 畑の菜の花

 

 大宮寺跡のヤブコウジ(別名十両)

 

 飛んできたテングチョウ

 

 あかつき園裏手の小道、ここを抜けるとゴールはもうすぐ

 

 白島荘の咲き始めた河津桜

 

 以下の写真はおまけです。

 

 

 サンシュユの花(粟生団地)           同左

 

 

 木から木へ飛び移るリス(才ケ原林道)       同左

 

 本日のごみの回収量は土のう袋1袋 2.2kg、たばこの吸い殻は97本でした。

 

 次月度は山の辺の道Cコースを歩きます。      

                              文責 H.T



2019.3.2 勝尾寺・八天杉(トレラン)報告

春の気配を感じながら隊員4名含む13名が参加し、3月のクリーントレラン

を実施しました。

箕面駅から集合場所の勝尾寺へ向かうしらみ地蔵からの谷道もようやく開通。

大量の倒木を処理いただいてました。

いつものようにスタート前の一枚。ここから八天杉石像を巡りながらゴミ回収

です。

北摂霊園から下って行きます。今回はすでに大きめのゴミがあり、走れない

のでゆっくりめに進みます。

箕面市と豊能町に境目の河川敷に明らかな焚き火後。再度使用されない

よう撤去しておきました。

河川にも降りて果敢にゴミ回収。

回収したゴミを集積場所に運びます。

バンバン運びます。

杉花粉にもめげずに運びます。笑

今回は、土嚢10袋、椅子の肘掛け、バイクのマフラー車のシートなど合わせて48Kg、

タバコの吸い殻286本を回収しました。

現存する唯一の杉を眺めます。奥に見える杉は花粉を蓄えてますが

この木はこれからの様です。

無事、勝尾寺にゴールです。

 

来月は、4月13日に開催しますのでご参加よろしくお願いします。

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734